今月の珈琲

ベトナム アラビカ ソンラ

ベトナムコーヒー栽培の歴史:1990年位からフランス人によりコーヒー栽培が開始されました。
ベトナムアラビカ中心産地はDam Dong省であるが、中部高原地帯より北部にもアラビカ産地はあります。
標高600〜800mで産地としては高くないですが、経度21.3度とコーヒー栽培エリアとしては北部に位置しています。
大粒で優れており、生産量が少なく希少価値のあるコーヒーです。
爽やかな風味で甘酸っぱさがある味わいの中深煎りコーヒーをご賞味下さいませ。